お知らせ お知らせ

2016/09/04 小学生測量実習3
小学生測量実習3 その3
2016/09/04 小学生測量実習2
小学生測量実習2 その2
2016/09/04 小学生測量実習1
小学生測量実習1 私の所属する大阪土地家屋調査士会には、府下の各地に13の支部を設けています。
その13の各支部は、地域に根付いた独自の活動をしています。例えば府内各市が主催する登記
相談や境界問題の相談などでの市民ホールなどに出向いたり、、、

そんな中で、異色の取り組みを長年続けている支部もあります。
枚方市、守口市、寝屋川市、交野市、摂津市の土地家屋調査士が所属する「北河内支部」さんでは、
何年も前から小学生に対して測量実習をしておられます。

私は北河内支部所属ではないのですが、先日その測量実習にお邪魔して来ました。いやービックリ
しました。この測量実習、楽しい工夫満杯で、企画もすばらしく、実習を受ける小学生の生き生き
した顔、顔、顔。

簡単なアルバム風にしてました。ご覧ください。
2016/08/05 大学での授業風景
大学での授業風景 夏、真っ盛りの季節となり、世の中の小、中、高そして大学生は、夏休みに入ってい
ます。

さて、私の所属する大阪土地家屋調査士会は、例年府内のいくつかの私立大学に講師
を派遣し、新学期のの4月から夏休みまでの一学期間15週に渡って、不動産の表題
部登記に関する授業を行っています。
今年は、私も講師の一人として教壇に立ちました。私が受け持った授業科目は「土地
家屋調査士が実施する測量」。測量の授業ですからやはり数学は避けて通れません。
しかし正直言って、土地家屋調査士や測量士の資格を取ってからといもの、数学の勉
強なんてとんと御無沙汰しています。

『あー、久しぶりの数学ってうっとうしい』と、思いつつ、にわか勉強を重ねて、先
月授業に挑みました。授業では、測量機器(トランシット)の説明や測量方法(トラ
バース法)などを説明。
その後に簡単な数学を講義したあと、できるだけ多くの学生に、トランシットの操作
体験させる授業形式でした。

授業が終わったあと、学生から「出席票」という用紙にその日その日の授業の感想を
記入して提出させるのですが、この日の感想は他の週とは、学生の反応が全く違いま
した。道でよく見かける測量機器ですが、実際に覗く体験はめったにありません。学
生からは「貴重な体験ができた」「すごい技術に驚いた」など驚きの声が多く寄せら
れました。

正直、数学を含む内容を講義することに少々尻込みする気持ちもあったのですが、学
生からの率直な驚きの反応をみて、授業の準備に四苦八苦した甲斐があったなぁ、と
思いましたわ。